競馬情報

枠連モンスター

枠連モンスター



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

枠連モンスター

■商品詳細:

枠連の不変データである「約半数のレースは4点のうち、いずれか1点が的中する」・「7割強のレースは8点のうち、いずれか1点が的中する」をもとに、独自のオッズ解析理論から「少点数で高的中率・高回収率」を実現した枠連馬券術がついに公開されます!
※同様の理論から導かれた「単勝・馬連バージョンの馬券術」が無料特典で付きます

■商品内容:

PDF55ページ、買い目選出ソフト(エクセルファイル)付

■ジャンル:

競馬情報

■販売価格:

12800円

■販売者名:

佐野 友哉
★競馬情報☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

枠連モンスター
2006年以降、毎年利益計上している枠連馬券術「枠連モンスター」
「これって、どのくらい当たるの?儲かるの?」
的中率や回収率の数字だけ書いていても、
1レース何点ぐらい買うのか?
1日何レースぐらい買うのか?
どのくらい的中するのか?
配当はどのくらいなのか?
そして、いくらぐらい儲かるのか?
こんな内容がわからないとイメージがよくわからないことかと思います。
みなさんに紹介させていただく「枠連モンスター」は、
2006年以降、毎年利益を出し続けている優良ノウハウです。
2006年といえば、現在種牡馬リーディングを快走しているディープインパクトが
凱旋門賞に挑戦(3着失格)した年です。
その頃から、2013年に至るまで7年以上、毎年結果を出していることから、
いかに安定したものかがおわかりいただけるかと思います。
そこで、「枠連モンスター」の的中・配当傾向をご理解いただくため、
直近実績(2013年1月~6月)の実績を公開します。
2013年1月~6月の対象レース実績です。
人によっては「大して当たってないじゃん」「配当低いなぁ」と感じたかもしれません。
それでも、
1レース1,000~3,000円(1点1,000円)購入で、半年で約30万の利益です。
(もちろん、追い上げなしの全て均等買いの実績です)
半年で30万(月平均5万)の利益が多いか否かの判断はみなさんにおまかせしますが、
もっと増やしたければ1点の金額を調整すれば済む話です。
(別に購入金額をあおっているわけではありませんが…)
的中率が40%弱なので、的中より不的中の方が多いのは事実です。
ですが、
1レースの平均購入点数が2点しかないので、リスクを最小限に抑えられることができる
のも事実です。
点数が少ない分、的中時の利益が多くなるため、結果的にプラス収支になる。
のも事実です。
だから、7年以上に渡りプラス収支を継続しているのです。
ですが点数が30点・50点にもなると、そう簡単にできることではありません。
例えば3連単50点買いで10レース不的中になったら、
500点分以上の配当(500倍以上)を当てて回収しなければなりません。
そう簡単に500倍以上、当たりますか?
瞬時に答えが出るはずです。
手持ち資金によっては10点でも難しいかもしれません。
詳細は後ほど説明していきますので、以前の実績はどうだったかのか?
2006年~2012年の実績をまとめて掲載します。
これが2006年~2012年まで7年間の実績です。
長期間ですが、もちろん全て「枠連モンスター」で選出された買い目の結果です。
年によって多少のバラツキはありますが、
ざっとまとめると…
「だいたい4割近く当たって、1.4倍ぐらい儲かる」
そんな感じでイメージしていただければと思います。
昨今、半年程度の短期間(ひどいものだと1・2か月程度)でつくられているノウハウを見かけます。
例えば1年前の同時期の結果はどうだったのかさえわからないものを、
果たして信頼できるでしょうか?
中には優れた理論のものもあり、全否定するつもりはありません。
ですが…
今までに、こんな経験ありませんでしたか?
広告の誇大内容(短期間で●●万円獲得、100万馬券的中など)に心躍り、
実践してみたものの、マイナス収支が続く日々…
しかも、多額の利益・超高配当を得るためには、それなりの購入点数・金額が必要なわけで、
失うものがあまりにも大きすぎるのが実情です。
たしかに未来の結果は誰もわかりません。
ただ、過去と同等もしくはそれ以上の結果を得るためには、
長期間の検証があるに越したことはありません。
このスタンスは、おかげさまで多くの方から支持をいただいています。
申し遅れました。佐野と申します。
以前、「ジュエルモンスター」や「テクニカルブレイン」などでご存知の方もいるかと思います。
あれから約1年の時を経て、今回新たに枠連のノウハウを公開させていただきます。
「競馬で勝つ=儲かる」ために絶対必要な要素、それは何といっても「データ」です。
しかし、データがあればよいかというと、決してそんなことはありません。
データを味方につける技量がないと、単なる宝の持ち腐れに過ぎません。
ではどうすればよいのか???
答えは簡単、
「まずは真似をすればいい」
ただそれだけです。
本書には結果を出すための理論・データが「ぎっしり」詰まっています。
まずはその通り馬券を買って、利益を得て、儲かることを実感してください。
その利益を元手に、この内容をアレンジして、オリジナルの馬券術を作ることも十分に可能です。
みなさんの今後の馬券力向上のためにも、是非手にしておきたいノウハウです。
みなさんは、競馬の理想的な儲け方についてどう考えますか?
「高い配当が」「少ない点数で」「よく当たる」
こう考える方が多いのではないかと思います。
極端な話、100倍の馬券が1点で100%当たる
これこそ理想と呼べるのではないでしょうか?(非現実的ですが…)
実際に競馬で儲けるためには、この3要素は必要不可欠です。
本質で考えると「3要素のバランス」が大事です。
100倍の馬券が80%当たっても、毎回100点買っていたら儲かりませんよね。
いくら配当・的中率が高くても、点数が足を引っ張ってしまいます。
また、5点買いで50倍の馬券が5%しか当たらなくても儲かりませんよね。
いくら配当が高く、できるだけ点数を減らしても、的中率が足を引っ張ってしまいます。
このように「3要素のバランス」が悪いと、なかなかうまく利益が出ない…
これが多くの人が抱える競馬の悲しい現実ではないでしょうか。
ではこれから「高い配当が」「少ない点数で」「よく当たる」各要素について説明していきます。
【的中率】
まずは「よく当たる=的中率」についてです。
下記の枠連配当データをご覧ください。
このデータは枠連の配当ごとの出現確率グラフです。
目につくのが「990円以下」が約半数を占めていることです。
「1,000~1,990円」まで合わせると72%にのぼります。
枠連の平均配当は約2,000円なので、平均以下の配当が7割強ということになります。
一方、3,000円以上の枠連高配当は18%しかありません。
平均して1日12レース中、2レース程度です。時には1レースも出ないこともあります。
頻度はもちろん、狙っても18%全てが当たるとは限らないこと、相応の点数が必要なことを勘案すると、
ターゲットにするには難しい配当と考えます。
枠連の購入点数は最大で36点ですが、
「990円以下」の点数は平均して4点しかありません。
レースによって点数は前後しますが、平均点数でみると、
約半数のレースは4点のうち、いずれか1点が的中する
また、「1,990円以下」に拡大しても平均8点しかなく、
7割強のレースは8点のうち、いずれか1点が的中する
このデータ(傾向)はおそらく今後も変わりませんし、
「少ない点数で高い的中が見込める」ことこそ、枠連をターゲットとした主な理由です。
【少点数】
少点数にすることは「リスク回避」にも繋がります。
例えば的中率50%は、2回に1回当たる計算になりますが、必ずしも規則的に当たる訳ではありません。
時には10レース連続で外れることもあります。
もし、1レースの点数が30点だった場合、不的中の間は300点買って1円も払戻しを得ることができないのです。
なので、不的中時のリスクを考えると、点数は少ないに越したことはありません。
枠連には「7割強のレースは、8点のうちいずれか1点が的中する」データがあります。
枠連モンスターは、この8点を馬券選択のスタートラインとし、
8点の中から無駄な馬券を絞り込んだ1~3点を購入するスタンスです。
点数が少ないため、仮に不的中が続いても、極力ダメージを最小限に抑えることができます。
【高配当】
「枠連の低配当がターゲットなのに高配当?」
そんな疑問を持たれた方が多いのではないかと思います。
配当が低いのは確かですが、「的中時の回収率」という視点で考えてみてください。
枠連モンスターの平均的中配当は約700円。
そして平均点数は2点。
計算すると、的中時の回収率は350%になります。
同じ的中率という条件下であれば、30点買いで100倍の配当を当てる(333%)より高くなります。
配当は高いに越したことはありませんが、的中時の回収率も重要な要素です。
最終的な目的である利益(回収率)をより多く獲得するためには、
「的中率・配当・点数」3つのバランスを重視することが何より必要です。
このバランスがとれる最適な馬券こそ枠連なのです。
競馬で勝つ=儲かるために絶対必要な要素、それは何といっても「データ」です。
中でも「オッズ」は実際に馬券を購入した投票数を反映したものであり、
最終的にどんな結果になりそうかを判断する材料にもなる非常に重要な要素です。
枠連モンスターでは、オッズから導かれる「2つの急所」をもとに買い目を選出します。
その1つが「オッズ差」です。
キズナが勝った2013年日本ダービーの枠連オッズです。
上位人気のオッズは次のとおりです。
1番人気:3.2倍
2番人気:6.8倍
3番人気:6.9倍
4番人気:11.6倍
5番人気:19.1倍
6番人気:19.4倍
1番人気と2番人気のオッズ差は3.6倍。
1・2番人気のオッズ差平均は1.9倍なので、それと比べると高いことがわかります。
この差が広がれば広がるほど、1番人気の的中率が上がり、2番人気の率が下がっていきます。
これは枠連に限った話ではなく、他の馬券にも共通している「不変の理論」です。
他にオッズ差が高いのは3・4番人気(4.7倍)、4・5番人気(7.5倍)があげられます。
よってオッズ差から導くと、
1番人気の1点
1~3番人気の3点
1~4番人気の4点
などの買い目があげられます。
※結果は2番人気(6.8倍)が的中
オッズ差は、各馬券の的中率に大きな影響を及ぼすだけでなく、
購入馬券選出に重要な役割を果たしているのですが、これだけでは不完全なのです。
なぜなら、人気が下位になるほど極端なオッズ差が必要となり、
必要以上の買い目が選出されてしまい、思うような利益を上げることが難しくなってしまうのです。
そのため、もう1つの急所「●●●●●」というファクターを使用します。
このファクターはオッズ差の欠点を補うだけでなく、
オッズ差と融合することにより、本当の意味で各レースのオッズから、
「買うべき馬券」「買わない馬券」を如実に導き出すことができるのです。
先程オッズ差からみた3種の買い目を列記しましたが、
実際のところ、どれを買えばいいかよくわからないですよね。
ですが、「オッズ差」と「●●●●●」を融合することで、
買い目は○○と、儲かる馬券をズバリ選出することができます。
これが、7年以上に渡り毎年利益を出し続けている秘訣です。
ちなみに、このレースのオッズを先に記した配当分布データと照らし合わせると…
990円以下の配当が占める割合は48.3%→該当3点
1,990円以下の配当が占める割合は72.0%→該当6点
これだけで、点数をかなり絞り込むことが可能です。
本書の手法とは少し異なりますが、配当分布からある程度の絞り込みができますので、
馬券検討の参考にしていただければと思います。
買い目出しは同封の「買い目選出ソフト(エクセル)」で行います。
理由は買い目を出す手間・時間を極力減らしたいからです。
※買い目選出ソフトは「Microsoft Office Excel 97-2003」で作成し、
WINDOWS XP・WINDOWS7にて動作確認しております。
※ソフトを使用しなくても買い目を出すことはできます
なお、このファイルはJRAのインターネット投票システム『IPAT(A-PAT・即PAT)』から
取得できる「枠連オッズ」をもとに買い目を選出します。
よって『IPAT(A-PAT・即PAT)』の利用ができない方は、
事前に申込(無料)していただきますようお願いします。
※A-PAT・即PATの詳細はJRAホームページでご確認ください
①:IPAT投票メニューの「オッズ投票」ページにて「枠連
オッズ」をコピーする
②:オッズを買い目選出ソフト(エクセル形式)に貼りつける
※エクセルの画面です。画面右に買い目が出ます
③:指示された買い目を購入する
④:結果を確認する
このように「買い目選出ソフト」を使用すれば、
枠連オッズをコピーしてソフトに貼り付け
するだけで瞬時に買い目が出ます。
ですから、馬券購入の時間まで合わせて2分もあればできます。
よくソフトで買い目を出してから、さらに買い目を絞り込む作業がある商材を見かけます。
このような商材では、こんな困った事態になることがあります。
かなり面倒な方法があり、買い目を出すのに時間がかかり馬券が買えなかった
さらに予想要素が入り、買い目が違ってしまう
競馬にあまり詳しくない人が実践すると買い目すら出せない
そんな時、提供元は問い合わせをすれば解決できると言いますが、
リアルタイムに返事はきません(ほぼできません)。
まして問い合わせすることすら面倒と感じる方もいらっしゃいます。
その時点で、その日の購入はできず、悶々とした気持ちになるのが目に浮かびますよね。
「枠連モンスター」なら、オッズのコピペができればいいだけなので、
競馬初心者の方でも専門的な知識がなくても実践できます。
※ソフト使用して買い目を出す手順は、書籍内で細かく説明しております
こんばんわ。
結構中身の濃いノウハウですね!
今までいろいろな商材を購入してきましたが、ようやく納得のいくものが見つかった気がしま
す。
じっくり中身を拝見し、自分で検証もしてみました。
細かすぎてよくここまで調べ上げたと感心してしまいました。
でも、ソフトを使えばすぐに買い目が出るので助かります♪
あと、追い上げでないところも評価できるポイントです。
このノウハウにはいろんなパターンがありますけど、
点数やパターンによってもっと回収率を上げられるところがあるようです。
さらに工夫すれば160%ぐらいは可能ですね!
これからもよろしくお願いします。
お世話になっております。
はじめて「これなら儲かる」と実感できたノウハウです。
勝ち逃げスタイルの私にはとてもフィットしています
先日も1R目で500%以上の回収率をあげることができ、非常に満足できました。
何より良いところは、点数が少ないこと。
これまで3連複や3連単をメインに買っていた身として、
ここまで絞り込んでよく当たるなんて思ってもいませんでした。
今さらながら枠連の方が儲かることがわかりました。
いつもお世話になってます。大西です。
すぐに、買う馬券or見送りが判断できるところがいいですね。
以前買った商材は自分で買う馬券まで出さなければならなかったので途中であきらめてしまい
ました…。
そんな競馬歴が浅い自分でも、今は2分もあれば余裕で馬券購入まで終わります。
そしてコンスタントに当たる点もうれしいです。
すぐに結果を出せたので、これからも使っていきます!
欲を言わせてもらえば、スマホでも買えるようになるとありがたいですね。
是非ご検討お願いします。
待望の新作、待っていました!
以前、ジュエルモンスターを購入して、新しいオッズ解析の手法が勉強できました。
よく買う馬券が枠連なので、枠連バージョンができないかなと期待していました。
両方実践してみて、正直「こっちの方が儲かる」と思いました。
枠連を3点以内、時には1点買いで5倍・6倍の馬券を当ててしまうのですから。
両方使ってこれからさらに儲けていきます!
ここまで「枠連モンスター」について、実績をはじめ、理論の詳細・過程などの
ポイントをいくつか紹介してきましたので、どんな内容なのかご理解いただけたかと思います。
内容を見て、すでに一部の方はお気づきかと思いますが、
以前販売した「ジュエルモンスター」の枠連バージョンです。
※ジュエルモンスターの購入馬券は単勝or馬連
今回本書をご購入いただいた方には、根底のオッズ理論を枠連だけでなく、
単勝or馬連においても実践し、さらに深く理解していただければと考えました。
そこで、本書をご購入いただいた方に限り、
装いを新たにした「ジュエルモンスター2013version」を無料でご提供させていただくことにしました。
※最新のデータから買い目選出を行っているため、従来とは一部数値・買い目は異なります
「ジュエルモンスター2013version」は、2005年から2012年まで8年連続利益計上している優れモノです!
(もちろん2013年上半期もプラス計上!)
買い目出し手順・買い目選出ソフトをあわせてご提供しますので、こちらも是非実践してみてください。
※手順の詳細は枠連モンスターと同じPDFファイルに掲載しています
※買い目選出ソフトは枠連モンスターと同じエクセルファイルに掲載しています
枠連の購入点数は29点(9頭立て)から36点(16頭立て以上)。
そのうち、
990円以下(平均点数4点)の配当が約50%、
1,990円以下(平均点数8点)の配当が約70%。
と、枠連は「少点数で高的中率・高回収率」を狙うには最適な馬券です。
これまで枠連に関する馬券術が多く公開されていますが、
理論・データはもちろん、7年連続利益計上している安定感も含めて、
ここまで優れた方法はないと思います。
この馬券術を心から欲しいと思う方にだけ、
12,800円
でおゆずりさせていただきます。
今回は特別に、同様の理論から導かれた単勝・馬連バージョンも付属しており、
正直、破格の金額です。
これほどの内容・実績なら数万、いや数十万という値段がついてもおかしくありません。
ですが、ここまでこの手紙を読んでくれた方に、
儲かることを実感していただければと思い、この価格にしました。
今、みなさんがこのページをご覧になっているということは、
「競馬で儲ける」ということに対し、何らかの不満を抱いているのではないでしょうか?
その不満を解消するために必要なこと、
それは「勝つ方法を真似する」ことです。
そのための先行投資と考えれば、内容・実績を考慮してもかなり安い投資です。
ご購入者の利益確保の点からも、お早めにお求めいただくことをおすすめします
ダウンロード版 PDF 本編41ページ 特典14ページ、エクセルファイル 1ファイル
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。
※買い目選出ソフトは本編・特典ともに1つのエクセルファイルにまとめてあります
※買い目選出ソフトは表計算ソフト(エクセル)の動作環境が必要です。
※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
その他ご質問は下記アドレスまでメールでお問い合わせください。(無期限・無制限)
mail:wakumonster☆keiba-masters.com
(☆を@にかえてください)
最後まで、お読みいただきありがとうございました。
最近はセールスレターを専門家に頼む方が多いようですが、
このページはデザインも含め、全て私自身で作成しております。
そのため、射幸心をあおる謳い文句が並んでおらず、”物足りない!”と思った方もいるかもしれません。
また、デザイン面でも読みにくいところがあったかもしれませんがご了承ください。
「枠連モンスター」の内容に関しては、
毎年のトータル実績と直近の結果をはじめ、必要なファクター・理論等の概要を掲載したので、
イメージをつかむことができたのではないかと思います。
この先は実際に手にとってからのお楽しみとさせてください(笑)
「もっと当てたい・儲けたい!」
競馬をされる方なら誰しも考えることです。
そのために必要なことまず、このノウハウを真似して手の内に入れてください。
そして、これを起点として、自己流の「さらに当てる・儲かる方法」を作り上げてください。
以前販売した「ジュエルモンスター」を購入された方の中で、
自分なりにアレンジして、さらに儲かる方法を確立された人がいます。
みなさんもその可能性は十分に秘めています。
次は「枠連モンスター」のノウハウ書籍でお会いしましょう。
ご不明な点がありましたら下記アドレスまでメールでお問い合わせください。(無期限・無制限)
mail:wakumonster☆keiba-masters.com
(☆を@にかえてください)
ダウンロード版 PDF 本編41ページ 特典14ページ、エクセルファイル 1ファイル
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。
※買い目選出ソフトは本編・特典ともに1つのエクセルファイルにまとめてあります
※買い目選出ソフトは表計算ソフト(エクセル)の動作環境が必要です。
※本商品は、必ずしも購入者様の利益や効果を保証したものではございません。
特定商取引法に基づく表示
Copyright© 2013 「枠連モンスター」  All Rights Reserved
枠連モンスター
ミンサガの四天王乗っ取りイベントでジュエル報酬とかありますか?モンスターを増やせ!ではジュエルも貰えたので気になりました。
ジュエル報酬はありませんが、乗っ取られた四天王を倒すと100ジュエル手に入ります。
遊戯王ジュエルモンスターズで遊戯が海馬に王国編で負ける以外で遊戯が海馬に負けて城ノ内にしっかりしろみたいなことを言われたのを見た気がしたんですがそんな話ありませんか?
バトルシティ編(であってるかな)の準決勝の遊戯対海馬で「ドラゴンを呼ぶ笛」でブルーアイズを3体出され負けを覚悟しますが、「負けんな遊戯」と気絶してる城ノ内の声が聞こえます。そして遊戯の手札にもレッドアイズがあることに気づき「ドラゴンを呼ぶ笛」の効果で特殊召喚し、返り討ちにするエピソードがありますがこれでしょうか?アニメの133話です。ちなみに遊戯が勝ちます。
パズドラのジュエルの塔で手に入れると役に立つモンスターを教えてください
・ダブミスリット(進化素材)・~カーバンクル(ゼウスパでチョキメタ回る時スキルマのカーバンクルいれとくと事故ったとき便利)その他+卵が落ちやすい。上の方。5ターンではなく3ターンですよ。
パズドラの質問ですジュエルの塔の2倍を回るのとテクダン5倍を回るのどちらの方が+卵ドロップ率高いですか?またジュエルの塔の2倍を回るのと月曜テクダン5倍を回るのはどちらが高い?2番目の質問は今日よるスタミナを温存するか使うかの参考資料にさせていただくのでお答えいただければありがたいです
ジュエルは私の体感だと2倍でもあまり落ちないです。モンスターが育っていないと、+の落ちやすい上位の級にチャレンジできないし。(うっかりしてるとやられてしまう)テクダン+卵5倍時の月曜1.5倍時にスタミナを温存するなんて考えられないです。+卵を集める気がないのなら何もいいませんが、この機を逃していつ+を集めるんでしょう。いつやるの?今でしょ。
ジュエルペットVSポケットモンスター~ルビーVSデオキシス~その3オリジナル小説です。感想聞かせてください。前回までの内容はこちら↓http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411826520…デオキシス「こいっ、ルビー!またサイコパワーで返り討ちにしてくれるっ!」ルビー「ルビー、キラデコっ!ハッピーラッキー・・・」デオキシス「サイコブースト!!」ルビー「ジュエルフラッーーシュっ!!」どーーーーーーんっ!!司会「おおっと!ジュエルフラッシュとサイコブーストの激しい衝突!パワーは互角ってところかーっ!?」デオキシス「ぬぬぬ、こんなウサギごときに負けてたまる、うおりゃーーーっ!!」ルビー「何を・・・宇宙人のくせに・・・ジュエルフラーっシュ!!」司会「ものすごい、激しいバトルです!両者一歩も譲りません!!」ルビー「つ、つよい!もう魔法使えない、かも・・・」デオキシス「私のサイコパワーが・・・あと、すこしで・・・」ペリドット「ルビー!敵が弱ってるデース!頑張るデース!」ルビー「ペ、ペリドット・・・」サフィー「私たちも応援してるわよ!」ガーネット「あんな奴に負けたら承知しないからねーっ!」ルビー「サフィー、ガーネット・・・そう、みんなのために、ルビーは必ず勝つ!勝つバイ!」デオキシス「生意気な・・・くらえっ超サイコブーストっ!!!!」ルビー「ハッピーハピネス、ルビージュエルフラッーーーシュ!!」司会「また激しく衝突した!果たしてどちらのパワーが上か!?」ルビー「エボリューショーーーーンっ!!!!」デオキシス「な、なんだとーーっ!!」ずーどーーーーーーーーーーーんっっ(激しい爆発音)デオキシス「うおわーーーーっ!!!」デオキシスは力尽きた司会「デオキシス戦闘不能、よってこのバトルはルビーの勝ちっ!」ルビー「か、勝った・・・ルビー、勝ったよ!!」サフィーたち「やったわ!ルビー!」ペリドット「ナイスバトルデーーースっ!!」ガーネット「ま、私ほどじゃないけどねっ!」ルビー「この調子でどっんどんいっくよー!待っててね、美影君!」ジュエルペットたちが万歳している一方でポケモン軍は・・・カイオーガ「おい、デオキシス!幻のくせしてうさぎに負けやがって!」デオキシス「すまん、だがあいつら意外に強いぞ・・・」グラードン「いや、お前がまだ未熟なだけだ!ふっ、ジュエルペットどもめ覚えとけよっ!」おわり
続きあるの!?なんだろう・・・・ルビーよかったね。