ツール・その他

すべてのデータを自動で一括アップロード FTPMAX

すべてのデータを自動で一括アップロード FTPMAX



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

すべてのデータを自動で一括アップロード FTPMAX

■商品詳細:

サイト管理とFTPを1つのソフトで完結し、幾つサイトがあっても自動で一括ップロードします。PING送信もついているFTP

■商品内容:

幾つサイトを作成してもすべて自動で一括アップロードします

■ジャンル:

ツール・その他

■販売価格:

2500円

■販売者名:

YOUCM株式会社
★ツール・その他☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

すべてのデータを自動で一括アップロード FTPMAX
FTPMAX|全てのサイトを自動一括アップロード!手間いらずのFTPツール決定版!
FTPといえば誰もが使ったFFFTPが今でも定番です。
同じドメイン直下ではない場合、データを1つずつアップロードします。
大半は、ドメインが違うことが多いのでその都度、操作をしていきます。
サイト管理はCSVなどで管理することが常識で
今でも、このスタイルを多くの方が普通に使っています。
サイトを複数作っていくと整理がどんどん面倒になります。
整理下手には、きれいに管理することは面倒かつ物ぐさになりがちなことでした。
いつ、何をつくったのかすらわからない。
思った時に思ったサイトを探し出すことが出来ないことがあります。
ブラウザでお気に入りの管理をしていてもわかりにくい場合がありました。
複数のサイトを管理する人なら誰もが経験していることです。
もしかすると、疑問に思うことなく当たり前にやっているかもしれません。
サイト管理とFTPを一元化した
アフィリエイトの新定番FTPをあなたに
2009年、画期的なFTPソフトが誕生しました。その名は「パーフェクトFTP」
サイトアフィリエイトで稼ぐ多くの方に高い評価を得たソフトでした。
OSはWinXPまで対応し、Win7が当たり前になりつつある現在でも
このソフトを使うために、わざわざ1台専用にXPマシンを用意している
ヘビーユーザーがいます。
サイト管理者が当たり前のように作業してきた手間を一気に解決し
最新OSに対応したソフトが今回ご紹介する「FTPMAX」です。
プロフィールを見てもお分かりのように、これまでアフィリエイター向けの商品を数多く販売し
自身の経験はもとより、多くのアフィリエイターと接してきました。
そこで起こる挫折や手間を少しでも軽減すべく開発された1つがFTPMAXです。
これまでどのFTPソフトでも成し得なかったアフィリエイトに特化した機能を搭載し、1つの
ソフトで必要な数多くの作業を行うことができます。
実務以外の作業効率を尋常ではないくらい高めるために企画されており、
先に販売されたパーフェクトFTPはWindows XPまでしか対応していませんが
未だに専用でパソコンを用意して使っている方がいるほどの人気ツールとなりました。
実際にお会いしたユーザーがそう言いました。
私は時折、イベントやセミナー会場などで「パーフェクトFTP」ユーザーに
お会いする機会がありお声がけを頂くことが度々ありました。
その際聞かれるのが、「ヘビーユーザーです」「めちゃ使ってます!」
このような声を何人もから聞きました。
開発当初からも、今思えば、数千人の前でセミナーをするようになった方や
億単位で稼ぐ方の外注先に買いましたとか、著名な方からも数多くの声を頂いてます。
本当に良い物を作ったんだなと感じたプロジェクトでした。
しかし、同時に・・・
同時に会った方に言われたことでした。
WIN7や64bitOSに対応しておらず、徐々に時代についていけなくなっていました。
私はプログラマーではないし、当時のプロジェクトチームは解散していました。
すでに開発終了品となっていたので、気軽に作りますとも言えません。
当時のプログラマーとも疎遠になって連絡がとれませんでした。
新たに1から開発することも考えましたが、簡単なことではありません。
プログラマーの選択は思った以上に大変で、能力値を見極めるのに苦労します。
思ったものを形にしてもらうのは、想像以上に大変で手間のかかることです。
見積りをとった業者から膨大な金額が届くこともありました。
試行錯誤していた途中に
疎遠になっていたプログラマーとの連絡が繋がったのです
多くのWIN7版要望の声を無視することが出来ずに改めて取り組む決意をしました。
登場してから約3年。未だに根強い人気のFTPソフトが一新しました。
多くの方の要望に答えたWIN7対応の新型FTPソフトの完成です。
プロジェクトチーム解散から新規プロジェクトでネームも一新。
完全に便利過ぎるこれからの当たり前を創るFTP
開発者の想いが優先ではなく、多数の利用者の声からできたFTPソフトです。
データ転送の概念が変わらない限り、長期に渡り使い続けられる便利な一品。
あなたが、
「複数のサイトを作る」
なら、是非、この便利すぎる「FTPMAX」を使って頂きたいと思います。
FTPMAXは、はじめてFTPを触る方のためにも見やすい画面設計です。
デザイン重視ではなく、視認性を重視してわかりやすいボタン表記にしています。
使い方は簡単です。
手軽なアップロードと管理機能などを動画でご覧ください。
いかがでしたか。
これまで別々で行った作業が1つのソフトで完結することがお分かり頂けたと思います。
データのアップロード、サイト管理、PING送信が1つのソフトでできるとわかった今
FTPとサイト管理とPING送信を別々に作業するのが手間に感じるようになりませんか
私もサイト作成をして管理することがあるため、自身の経験からも
「作ったサイトってどこに保存したのか、お気に入りに入れたのか・・・」
という問題が出てくることも知っています。
また、複数のサイトを一度に作った際に、1つずつアップロードしますが、
「素早くチャチャっと出来ないかな」
と私と同じように感じたことのある人もいることでしょう。
私は数年前よりアフィリエイター向けのサービスや塾などを開発・提供しており
多くのアフィリエイターと交流しているので、
「どんなことに手間がかかり、面倒なのか」
という、省きたい手間を知っています。
FTPMAXは、そんな手間を省きたいアフィリエイターのために開発しました。
動画で見て頂いた通り、FTPMAXを使うことで
手間を省くことによる作業効率の良さと面倒に思う不快さを取り除けます。
サーバーやFTPを触ったことがない方にもお会いして話を聞き、
これから始める人でもわかりやすく使える事を前提にしています。
子どもが説明しなくてもipadを使いこなしていくように
覚えやすく、わずかなクリックで済むように作られています。
極々たまにしか使わずなくても支障のない機能、上級者のみが使う機能を省き
日常的に使う最低限の機能に絞ることでわかりやすくなっています
それでいて、通常別々になるFTP、サイト管理、PING送信が1つに集約されており
アフィリエイターにとって必要なものが揃っています。
それらはすべてシンプルで簡単に使うことができます。
FTPMAXを手にした方の多くがこう言います
こりゃ楽だわ・・・重宝します・・・
お手軽で便利な機能があなたのサイト管理の手間を軽減し
作業の効率化とスピードアップに繋がることは間違いありません。
あなたが、サイトを作れば作るほど・・・
FTPMAXが尋常ではない作業効率化による時間短縮と
手間からくるストレスを一気に解放して作業に貢献致します。
FTPMAXの販売を記念して、スペシャルな価格でお届け致します。
FTPMAX 日本語 ダウンロード版 PDFマニュアル36P付属 ツール一式 特別価格:2500円
※本製品のご使用には、シリアル入力によるライセンス登録が必要です。
特定商取引法に関する法律に基づく記載
すべてのデータを自動で一括アップロード FTPMAX
win7が親の共有フォルダにwin10から開こうとすると異様に時間がかかってしまいます。アクセスが出来ないわけではなくとても遅いです。やっと開いたと思っても共有内のExcelデータを上書き保存する際、とても時間がかかります。また、いつも時間がかかるわけではなく普通に作業が出来る日もあります。インターネットは正常につながります。(特に遅いという事はないです。)共有フォルダにアクセスする時だけとても遅いです。(ちなみにwin10は有線。親のwin7は無線でネットにつながっています。同じネットワーク内です。)どうぞよろしくお願い致します。
カテゴリマスターそれはWin7の動作が思いからです。共有フォルダーを置くパソコンが親機となり、親機の動作が基準となります。USB3.0とUSB2.0の使用の場合と同様です。
Win7_64bitでOffice2000を使ってます。Win7の、「古いプログラムを実行する」で、ExcelとWordを実行したところ、「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。」とエラーが発生しました。Win7_64bitでOffice2000を使ってます。Win7の、「古いプログラムを実行する」で、ExcelとWordを実行したところ、目的のファイルをダブルクリックした際に、「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。」とエラーが発生するようになりました。実行中のExcelとWordから、ファイル_開くでファイルを指定すれば、きちんと開きます。目的のファイルを右クリックして、「プログラムから開く」を実行しても駄目です。元々は何も問題は無かったのですが、Office2000を再インストールしても直りません。Win7をセーフモードで実行すれば、問題は発生せずに、きちんと開きます。以上ですが、どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。補足yokohama_seizeさん、europa_planingさんのおっしゃる、サポートが既に終わっている事は分かります。しかし、Win7の「古いプログラムを実行する」で発生したトラブルの対処方法は無いのでしょうか?これをやる前には問題なく動作していましたので、元に戻せないでしょうか?
こんにちは。Office2000は、WINDOWS7での使用サポート外製品で使用すると障害が一部で発生しますし、脆弱性をつかれて悪意ある第三者に侵入されたるします。WINDOWS7の32bitや64bitの条件は関係ありません。寛太に言うとWINDOWS7では使用できないと言うことです。(脆弱性とは)ネットワークを介して、あなた以外の第三者がシステムを乗っ取ったり、機密情報(パスワードやカード使用履歴)を盗むなどのセキュリティ上の脅威のことです。一般的には、原因は、ソフトの不具合や仕様上の欠陥から生じます。ハッカー達は、パソコンの中のソフトの脆弱性を見つけ出しそのセキュリティの弱い部分を糸口に攻撃侵入してきます。したがって、マイクロソフトや各ソフト開発メーカーは、脆弱な部分が見つかれば即座に更新プログラムで配信(アップデート)してきます。この脆弱性は、セキュリティソフトでも防ぐことはできません。これらの対処ができるのは、開発元のマイクロソフトだけです。要は、Office2000は、障害がでるだけではなく、この脆弱性に対応したアップデートが受けられないと言うことです。現在のWINDOWS7対応OfficeはOffice2003以上です。windows7でのOffice2003は、2014年4月8日までサポート期間が延長しましたので使用できます。但し、最新のサービスパックを適用したOffice2003ServicePack3の環境がサポート対象となる条件付きです。ServicePack3にアップグレードしないと障害が出るので注意してください。Office2003のSP3ダウンロードhttp://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=e25b…MicrosoftOffice製品に関するWindows7の対応状況http://www.microsoft.com/ja-jp/office/platform.aspxWINDOWS7でOfficeを使用する場合、OfficeXP以外にOffice2003等ソフトお持ちでない場合の対応は(1)新たにOffice2010を購入する(2)以下のOfficeフリー互換ンソフトを使用する。の2通りです。(OFFICE互換フリーソフト)①無償のOpenOfficeという物があります。全世界で利用されていてマイクロソフトOffice互換です。Office2007以上の固有のファイル形式も読み込めます。今、地方自治体の一部やIBM(全社員5万人)がこのOpenOfficeに切り替えています。開発元はSUNでしたが、Oracleに吸収されました。通常のフォーマットでしたら問題なく使用できます。マイクロソフトのExcel、Word、PowerPoint等と同じソフト構成になっています。無償の場合は、これを推奨します。以下参照下さい。http://ja.openoffice.org/②以下も同じようなものもです。OpenOffice開発メンバーが独立して作成しているものです。LibreOfficehttp://all-freesoft.net/document10/office/libreoffice/libreoffice.h…③Lotus_SymphonyIBMががOpenOfficeベースに開発したもので、IBMでも使用されています。タブで使用できるので便利です。スクリーンショットhttp://freesoft-100.com/screen/lotus_symphony.htmlLotusSymphonyダウンロードhttp://symphony.lotus.com/software/lotus/symphony/home.nsf/home④無料のオンラインOfficeアプリ「OfficeWebApps」マイクロソフトがMicrosoftOfficeと互換性を備えたサービスとして、「OfficeWebApps」の提供を始めたもので、WEB上で使用出来ます。http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/webapps/webapps_01.html最後に、互換ソフトで有料(安価)のものも販売されていますがテストした結果、上記フリーソフトとほとんど変わりがないので互換ソフトの場合は、フリーソフトを使用されることをお勧めします。================原因がわかりませんが、自己責任ですがシステム復元で正常に動作していた時に復元されては。念のため、問題が生じた際に元に戻せるよう復元ポイントを作成してから作業に入ってください。(復元ポイントを手動で作成する方法)システム保護でCドライブが有効になっているか確認してくださいhttps://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?rid=6…(復元ポイントからの復元)正常だったと思われる日以前の復元ポイントを選択してください。尚、データは、現在の日付の分で残りますが復元日以降にインストールされたソフトは、再度インストールして下さい。スタートメニューの検索欄に「復元」と入力「システムの復元」を選択すればできます。復元画面左下の「その他の復元ポイント表示」にチェックを入れないと、全ての復元ポイントが表示されません。詳細は、以下を参照ください参考URL:http://d.hatena.ne.jp/FLT_Juns/20100423http://www.pasoble.jp/windows/7/08845.html
win7win10です。バッチファイルを作成したとき、確か「最大=画面いっぱいの大きさ」とか「最小=表示しない」とかを選択できたと思ったのですが、バッチファイルのプロパティにそういう項目がある場合とない場合があるような気がするのですが、どうなっているのでしょうか。
そのバッチファイルのショートカットを作って、そのショートカットの「プロパティ」で設定することになるのだと思います。
win7でアンチウィルスソフトが原因でブルースクリーンが頻繁に起こります。自作PCですので、ハードウェア的な問題と思いMemtest86+でテストするも異常なし。色々調べて行き着いた先がアンチウィルスソフト(AVIRAのフリー版)でした。AVIRAがグラフィックドライバの更新時に悪さをしていたようで、AVIRAをアンインストールしてドライバ更新をして一時的に安定しました。その後AVGにしたのですが、同じくエラーが頻発しました。windows7起動後数分でブルースクリーンが発生し、その後は、セーフモードで起動したり、修復したりととにかく面倒な状態です。PC自体古くなってきたので、更新も考えていますが、なんとかもう1~2年は使用したい考えです。何か破損したファイルをアンチウィルスソフトが誤検知して、ブルースクリーンを引き起こしている可能性もありますし、見つけられていないハード的な故障もありえますがアンチウィルスソフト無しで使用し続けるのも、怖い気持ちです。今できる対応策として、PC更新・OSのクリーンインストール以外で何かできることは無いか、アドバイス頂きたくて、質問させて貰いました。よろしくお願い致します。CPU:IntelCore2quadQ9550M/B:GIGABYTEEP45T-UD3RRAM:DDR3-SDRAM4GBx2、2GBx2Video:NVIDIAGeForce9600GTDrive:SSDINTELSSDSC2CT120A3OS:windows7SP1補足補足ですがアンチウィルスソフトがインストールされている時は、windowsバックアップはアップデータは結構な頻度で失敗することが多く、ブルースクリーンからの復帰時の修復なども連続して失敗することも多かったです。何か設定の違いでしょうか。ちなみに、SSDのエラーはありませんでした。
Win7で、MicrosoftSecurityEssentialsを8年使っています。(フリー)です。
win7prooem32bitのosを使っているのですが、これをwin764bitにすることは可能なのですか?
Windows7と名前は同じでも、32bitと64bitは別のもの。32bitの状態からそれを64bitにする、ということは出来ず、変更したければあらためて64bit版のWindows7をインストールする必要がある。
おすすめの情報