スポーツ

強い打球を打ちたければ、これを見よ!【ベースボールバイブルDVD】

強い打球を打ちたければ、これを見よ!【ベースボールバイブルDVD】



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

強い打球を打ちたければ、これを見よ!【ベースボールバイブルDVD】

■商品詳細:

毎日1000本バットを振り続けるのか?
それとも・・・
今までの10分の1の時間で本当にスイングが速くなる方法を学ぶのか?
あなたが本当にスイングを速くしたいのであれば、
このDVDは絶対に見逃さないで下さい。
本当に価値のある60分になるはずです。

■商品内容:

DVD1枚

■ジャンル:

スポーツ

■販売価格:

3480円

■販売者名:

東 万人
★スポーツ☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

強い打球を打ちたければ、これを見よ!【ベースボールバイブルDVD】
強い打球を打ちたければ、これを見よ!【川端健太】
こんにちは。BASEBALL
BIBLEはあなたの野球の知識を高めるための野球教材を販売しています。
HOME
新商品のご案内
注目商品のご案内
BASEBALL
BIBLEランキング
スタッフのおすすめ
会社概要
お問い合わせ
特定商取引法
たった10回の素振りでスイングの音が変わった・・・
強い打球を打ちたければ、これを見よ!
野球上達塾 代表 川端 健太氏 形式:DVD版(60分)
価格:¥3,480(DVD)配送料無料
在庫あり。
この商品はbb-bible.comが販売、発送します。
ご注文いただいた翌営業日に発送します。
※万が一、発送が遅れそうな場合はメールでご連絡させていただきます。
教材の説明
もしも、今まで10分の1の時間でスイングが速くなるとしたら・・・
実際に動画の中で、彼がスイングをしたのは10回程度。でも、たった10回でスイングの音が変わったんです。
そんな事が信じられるでしょうか?
現在、多くの現場でバットを数多く振る事が求められています。
「1日1000本はバットを振れ!」
こんな事が当たり前のように言われていますよね?
が、少し考えてみて下さい。
1000本スイングする事が目的になっていないでしょうか?
果たして、それは正しいのでしょうか?
目的がズレているような気がしてならないのです。
スイングを速くする事が目的なはずなのに・・・
1000本振る事が目的になっている。
だから、スイングが速くなってこないのではないでしょうか?
そこで、あなたに見て欲しいのが、このDVD教材です。
本当に、わずか10スイング。
たった10スイングでスイングの音が変わりました。
我々も驚きましたが、一番驚いていたのは選手自身です。
そりゃあそうです。
今までは、毎日毎日、
どれだけ振ってもスイングは速くならなかったのに・・・
この日は、わずか10スイングでスイングの音が変わったんですから。
さあ、あなたもどちらかを選んで下さい。
毎日1000本バットを振り続けるのか?
それとも・・・
今までの10分の1の時間で本当にスイングが速くなる方法を学ぶのか?
あなたが本当にスイングを速くしたいのであれば、
このDVDは絶対に見逃さないで下さい。
本当に価値のある60分になるはずです。
この教材を自信を持ってオススメします!
わずか3,480円で、強い打球を打つための秘密を知る事ができます。
この教材は、きっとあなたの役に立つでしょう。
※強風の中での撮影だったため、映像の中で風の音が気になるかもしれませんが内容は理解できますので、ご了承下さい。
教材の内容
キミはちゃんと立てているか?
ちゃんと立つとは?立てていないから強いスイングができないんだと知ろう。ちゃんと立つための方法とは?どっしり構えるためには、どうすればいいのか?自分の意識がどこにあるかで重心の位置が変わる。気持ちを落ち着かせるとは、どういう意味なのか?強い打球を打つために『構え』で注意するべき事とは?見方を変えれば、よく見えるようになる!
なぜ、あなたはボールを押し込めないのか?
バットを●●で握ればボールを押し込めるようになる!
バットを握る時、小指を外すメリットとデメリットとは?
考えていてはタイミングはとれない。
目からウロコのタイミングをとり方とは?
スイングスピードを速くする練習法
わずか10スイングでスイング速くなった方法とは?
川端 健太氏 プロフィール
川端 健太(野球上達塾 代表)
80%以上の選手が伸び悩んでることから
一般的な指導方法に疑問を抱き、大脳生理学、身体操作などを学ぶ。
学ぶことで得た知識をバレーボールに応用し独自の理論を確立。
2010年2月から全国各地でバレーボール教室を160回以上開催。
また、「野球がうまくなるための脳と身体の使い方」を紹介する
野球上達塾は2011年9月から50回以上開催。
「誰にも教えたくない」とおっしゃる指導者が多いがクチコミで広がり、
小学生と高校生を中心に2000人以上を指導してきた。
野球上達塾には、超有名大学野球部出身の指導者、甲子園で何度も
優勝経験がある高校や多数の甲子園常連校出身の指導者が参加している。
選手からは、
「やることが簡単で効果をすぐに実感できる」
「ボールが速くなりました」
「遠くまで飛ばせるようになりました」
指導者からは、
「ずっと教えたくても教えられなかったことを選手ができるようになりました」
「自分が現役の時に知りたかった」
「正直、悔しいです」と、好評を得ている
ご注文はコチラから
DVD ¥3,480
送料は弊社が負担させていただきます。
特定商取引法に基づく表示
個人情報保護方針
Copyright © BASEBALL BIBLE All rights
reserved.
個人情報保護方針|特定商取引法に基づく表記
強い打球を打ちたければ、これを見よ!【ベースボールバイブルDVD】
スイングアームとはなんですか?
振れる腕、サスペンションアームの事です。
スイング悩みメカニズムスイングのフォームで悩んでいます。私はよく横振りだと言われます。スイングチェックの機械で見ると確かにそうなのですが、ちょっと疑問があります。汚くて恐縮ですが、下のイラストで、アドレスから軸をブラさずに回転運動をすると、左のような後ろ側に腕やクラブが来るのが妥当な気がします。しかし、お手本とされるようなスイングを見ると右のように腕やクラブが上に高く上がっているような気がします。その方が美しい感じがして、そういうスイングをしたいのですが、そうなると、軸から腕だけが独立して回転するような形になり、感覚的にはすごくアウトサイドに引いているような気がしてきれいに下ろせません。よく、真っ直ぐクラブを引くという助言がありますが、真っ直ぐ引くと軸の回転運動からは外れるということになりますよね。拙い説明ですみません、伝わりますでしょうか?スイングのメカニズムのことになるかと思うのですが、詳しい方教えてください。
ゴルフには、「スィングプレーン」という概念があります。一般的に有名なのは、ベン・ホーガンが提唱した「ヘッドプレーン」で、アドレスした際に肩からクラブヘッドにかけてガラス板をイメージし、そのラインを突き破らないようにスィングすると精度が上がる、というものです。ただ、実際にはw、このプレーンから外れてもあんまり問題はなくw、ただの左腕の動きだという説もありますw他に「シャフトプレーン」という概念があり、飛球線後方側からゴルファーを見て、アドレス時のシャフトの角度が作る面(プレーン)上をシャフト(クラブ)が動いた方が精度が高くなる、というものです。これが、イラストの左側に該当するかと思います。USPGSAのプロゴルファーで、大学時代に物理学を専攻していたというB・デシャンボーは、まさにこのシャフトプレーンでスィングしています。ただ、アイアン全番手が同じ長さ・ライ角で統一された特注品でw(今は市販されてるようですw)、シャフトプレーンはかなりアップライトです(YouTube等で見れます)。シンプルにクラブの「慣性」を利用出来るので「スィングの再現性」が高そうで、今までにいなかったw、究極の「オンプレーン・スィンガー」と呼べるかと思います。この「ヘッドプレーン」と「シャフトプレーン」で出来る三角形(飛球線後方側からゴルファーを見て)を、「秘密のアイスクリームコーン」と呼んでいるレッスンプロもいますwこの中をクラブが動いていれば、大体いい感じで飛ぶよ~、プロゴルファーは大体この中で振ってるから多分当たりだと思うよ~、後はフェイスコントロールの問題だよ~というw、経験則w、成功事例に基づいたw、非常にざっくりした話ではありますw基本的に、シャフトプレーンのままシンプルにクラブの慣性を利用してスィングした方が、余計な小手先の技もいらずw、再現性は高くなると思いますwただ、スィング軌道は、フラットになればなるほど、重力(地面に引き付ける力)より遠心力(浮き上がって遠くに行こうとする力。具体的にはインパクト前後でのハンドアップ)が強くなるので、その遠心力を抑え込む為に手の操作等が必要となってきます。ダフりにくく、トップ・シャンクしやすいスィングw、と言えるかもしれませんwまた、重力を利用しづらいので、ヘッドスピードを上げるには体・腕の力頼りになるような気もしますwアップライトな軌道は、遠心力より重力が勝りますのでw重いクラブでもヘッドスピードを上げやすく(右肘の高さを出す等)、昔の重いクラブでゴルフを覚えた人達にはアップライトなスィングがかなり多いですw今でも結構見かけますwただ、よく出やすいミスがダフりやヒッカケ・スライスでw、アームローテーションだwコッキングだwタメだw体重移動だwダウンブローだとw、いろんな技術を1秒前後の間に要求されますw現在市販されている一般的なクラブでw、クラブの慣性を利用してシャフトプレーン上を動かし「スィングの再現性」を高めようと思ったら、ハーフウェイバック(シャフトが地面と平行ぐらい)ぐらいまでが妥当w有効かと思います。この動きをトップから切り返し後ハーフウェイダウン(グリップがトップ~インパクトの中間あたり)以降再現出来れば、かなりヘッド軌道は安定する訳ですね。その為には、ハーフウェイバック~ディレクションチェンジ(左手首を支点にクラブヘッドが上がる動き)までの「肘から先」(グリップと左右の二の腕・肘が作る面)をそのまま上げるのがシンプル、だと私は経験上思いますwいい感じで引き続き慣性を利用しつつw、人間の腕には肘があるのでw肘の動きも利用して、トップ・切り返し以降重力も使える(勝手にヘッドスピードが上がるw)位置に上げられると理想的ですねw
スイングバイ航法ってだいたいスピードは何倍になるんですか?
スイングバイのやりかたによって速度変化の大きさは変わるから,もとのスピードの何倍になる,という決まった法則があるわけではありません.得られる速度はスイングバイをする惑星の公転速度の2倍程度が上限になるけど,どれくらい惑星に接近してどれくらい進行方向を変えるかによって速度差は変わりますさらに言えばスイングバイによって減速することも可能で,これもスイングバイのやりかたによります
スイング中の意識についてアドレスから30cm程度のテークバックまでは、意識がありますがあとは気がついたらフィニッシュ。ヘッドの重みを感じるとか、手、腕の位置は、そんな事はとうてい感じる事が出来ません。どうしたらスイミング中の意識を感じる事が出来るでしょうか?補足スイミング→スイング打ち気が原因なのは分かっていますが、どうしてもスイング中の動きを意識している出来ません。人に言わせると、(半分冗談で)武道等での精神訓練が必要と言われてしまいます(ToT)
ラウンド中はそんなものでいいと思いますよ?テイクバック開始したらあとはフィニッシュのことだけ考えてたらいいと思いますb練習のときに意識をした練習をしたいなら片手で打つ練習が効果的です。ヘッドやクラブの重さを感じないようにしても感じるので^^;片手だと力がないので、クラブの重さを上手に使ってやらないと綺麗にうてないので練習としてはいいですよ~
スイングについてお尋ねします。私は、トップの位置からダウンスイングの過程でグリップエンドがボールに向かうようにしています、そのことによりタメができるし、スイング軌道も正しいと思っていますが、それはほんとに正しいのでしょうか、お知恵を拝借したいのですが?
カテゴリマスターそんなことを考えてたら、振りにいくときにはキャッチャーミットにすでに球は納まっちゃうよ。
おすすめの情報